Merit

高卒採用のメリット

他チャネルと比較したときの
「採用のしやすさ」

高校生の新卒採用、大学生の新卒採用、中途採用を比較すると、高卒採用の求人倍率は2.78倍と最も高い水準で、採用単価は約10~50万円と最も低い水準です。
求人倍率を見ると高卒採用は厳しそうですが、実は大卒採用の求人倍率は、300名以下の中小企業に絞ると「8.62倍」。大卒新卒がいかにレッドオーシャンであると分かります。

高卒採用はそのコツを掴むことで、効率・効果的に採用成功をさせることが可能なブルーオーシャンの採用チャネルと言えます。

出典: 株式会社マイナビ「中途採用状況調査」(2019 年8月調査)
株式会社リクナビ「リクルートワークス」(2019 年8月調査)
「ハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」(2019年8月調査)

採用業務はおよそ1/4に短縮

大卒採用の場合、大学生は複数エントリーが前提とした就職活動を行うため、企業は多くの人材と接して採用活動を進めなければ思うような採用成果を獲得できません。

一方、高卒採用の場合、高校生は就職活動の中で検討する企業数が少なく、内定辞退がほぼないため、企業側も選考を行う人材数が少なくて済み、採用業務はおよそ4分の1と大幅に短縮できるのがメリットの1つです。

長期の戦力

高校生の新卒は、大学生の新卒より4年先に社会に出るため、大卒が企業に入社するころには社会人5年目になっています。

4年間の実務経験年数は大きなスキルの差となり、若くして部下を持つなどの責任のある仕事を任すことができれば、20代での活躍の時間が最大化。
若手の長期戦力化が可能となり、企業の活性化につながります。

その他のメリット

人手不足解決
高校生の新卒採用は、他チャネルと比較しても圧倒的に「ブルーオーシャン」の採用マーケット。年々参入企業が増えてきているからこそ、動き始めるなら「今」。他社との差をつける採用活動を行い、長期的な活躍を担える若手人材の確保を進めましょう。

既存社員の意識向上
高校生の新卒社員が入社するメリットの1つとして、既存社員の意識向上が挙げられます。特に高卒社員を採用した場合、既存社員の“教育に対する意識”が強まり、目線が1段階上がります。

社風改善
高卒社員の魅力の1つは、10代という圧倒的な“フレッシュさ”。
若くて素直な人材を採用することにより、社風改善が図れ、経営基盤の強化にもつながります。

社内ピラミッド改善
若手人材の確保が難航し、社内平均年齢の高齢化が進んでいませんか?
高校生の新卒採用を継続して行っていくことで、若手の基盤が固まり、社内ピラミッドの改善にもつながります。

3分でわかる高卒採用

近年、高卒新人の応募を出す企業は増えています。しかし、大卒採用とは異なり独特なルールや慣習がある高卒採用マーケットでは、方法論が確立されておらず、場当たり的な対応で採用を行っている企業がほとんどです。高卒採用をするメリットから、市場、ルール、スケジュールなど基本を押さえて、高卒採用を成功させましょう。