定着支援で短期離職を防ぐ

高卒採用の課題は早期離職率の高さにあります。企業とともに、この課題の解決に取り組みます。

  • HOME
  • ルーキーズクラブ
ルーキーズクラブ

高い離職率問題を
企業とともに解決します

高卒採用の課題は大卒と比較した早期離職率の高さにあります。
(3年間の早期離職率を比較すると、特に高校生の1年目の離職率は18.2%と大卒の11.9%に比べ、大きく差が生じています。)

残念ながら、就職前の教育や情報収集の場は限られています。
大半の高校生が社会を理解しきれないまま入社、大いにギャップに苦しみ、自信を無くし・・・
短期で離職をしてしまうのです。

この状況を打破するには、高卒専門の定着支援サービスが必要です。
クライアント企業の人事担当者とタッグを組んでルーキーズクラブを開始しました。

1年目離職率を全国平均の半分に

ルーキーズクラブ初年度だった2018年。
入社後の初期研修として50名の受講生を受け入れました。
受講生の1年目離職率は全国平均の半分。
新入社員の働く価値観の醸成に一躍買っています。

ルーキーズクラブ会場風景

1年間の長期サポートで
離職率の低下を

ルーキーズクラブでは、「会社で働く」ことや「成長する」ことを前向きに考えるようプログラムを組んでいます。
少しずつ成長し、会社からも認められることで、会社に貢献しよう!と考える人材育成を、人事担当者と手を組んで進めていきます。