PM(プロジェクトマネージャー)がフルリモートワークかつ高収入な会社へ転職する方法について

2024.06.22 エンジニア転職PR

PM(プロジェクトマネージャー)がフルリモートワークかつ高収入な会社へ転職する方法について

PM(プロジェクトマネージャー)は、近年DX化や業務効率化をITの力を用いて推進する企業の増加に伴い、需要が伸びているポジションです。コロナ禍に比べると出社して働く人も増えていますが、フルリモートワークができてなおかつ高収入を得られる会社へ転職できるのが嬉しいと思う方も多いのではないでしょうか。

出社を要望する企業が多い中でフルリモートワークでPMとして働きながら高収入を得るためには、適切なスキルや転職活動をする際の戦略が必要です。本記事ではフルリモートワークかつ高収入な会社へ転職するための具体的な方法を紹介します。

 

目次

フルリモートワークワークのPMのメリットについて

メリット

PMがフルリモートワークができる企業への転職を考えるのは、出社型と比べた時にいくつかメリットがあるからです。転職の条件で高収入を入れる方は多いと思いますが、それ以外にもフルリモートワークができることによるメリットをご紹介します。

自由な服装ができたりルックスに気を使わなくても良いところ

PMがフルリモートワークをする魅力の一つは、服装やルックスに対する自由度の高さです。金髪や坊主など、髪型にこだわりがある人でも出社をすることが無いため問題ありません。また、服装に関してもオンライン会議では上半身のみが見えるだけなので、毎日の出社のために服装に悩む時間も無くなります。出社の場合では企業によっては、「服装自由」と記載があっても、半パンやサンダルや派手な服装はNGでキレイめのオフィスカジュアルまでしか許してくれない企業がほとんどです。PMでフルリモートワークで働くことができれば、服を選ぶ時間の短縮や服装に気を遣うことを億劫に感じる方にとっては大きなメリットです。

地方在住で家賃を抑えたりと住む場所を選ばない

フルリモートワークでPMの仕事ができれば、比較的IT企業などが少ない地方在住でも働くことができるのは大きなメリットの一つです。地方から出てきて都市部の企業に勤めていたけど、地方に戻って働きたい方や、地方在住だけど都市にある企業での仕事をしたいという方は、フルリモートワークワークであれば場所を選ばずに問題なく仕事をすることができます。

地方在住で大阪や東京など都市の企業に転職することができれば、生活費は地方の水準で、給料は都市の企業のため高収入となりとても嬉しいですよね。さらに、地方在住でなくてもフルリモートワークをすることにより、都心部でみられる通勤ラッシュを避けて精神的に余裕ができたり、通勤時間が1時間以上かかる場合は往復で2時間以上も仕事に充てられたり、高収入で働ける以外にも嬉しいポイントが多いです。

専門業務型裁量労働制が嬉しい

PMでもフルリモートワークを許可してくれる企業は、専門業務型裁量労働制を導入していることも少なくないでしょう。出退勤時間も勤務時間も縛られることなく、働く場所にも縛られることなく自分のペースで仕事を進めることができます。これにより生産性の向上や、ワークライフバランスを自分なりに調整しやすくなります。ただし、現場でゴリゴリ開発をする開発職と比べると、PMはクライアントや関係者とコミュニケーションを取る場面が増えるため、ミーティングなどはクライアントたちの時間に合わせる必要があることは認識しておく必要があります。それでも限られた職種にのみ適用される専門業務型裁量労働制で働くことができると嬉しいですね。

フルリモートワークで働くPMのメリットは多岐にわたります。服装やルックスの自由度が高まり、自分らしいスタイルで仕事ができることは大きな魅力です。また、地方在住でも都市部の企業と同じ条件で働けるため、生活費を抑えながら高収入を得ることができます。さらに、専門業務型裁量労働制の導入により、時間や場所に縛られず、自分のペースで効率的に仕事を進めることが可能です。これらのメリットを活かして、自分に合った働き方を見つけることで、仕事と生活のバランスを取りながら高いパフォーマンスを発揮することができるでしょう。フルリモートワークの環境を最大限に活用し、充実したキャリアを築いていきましょう。

専門業務型裁量労働制について:厚生労働省

フルリモートワークでPMとして採用されるためのスキルについて

スキル

PMがフルリモートワークとして採用されるためには必要なスキルがあります。出社型と共通するものもあれば、フルリモートワークで働くためには欠かせないスキルもあります。初めてのフルリモートワークを経験するPMの方は、事前にどのようなスキルが必要かを把握しておきましょう。

文面だけで優れたコミュニケーション能力を発揮できること

フルリモートワークをしたいPMにとってまず外せないのは優れたコミュニケーション能力です。対面でのコミュニケーションの方が取りやすいことはコロナで対面からリモートへの切り替えを経験したことがある人ならわかると思いますが、リモートでも滞りなくコミュニケーションを取れる必要があります。高いコミュニケーション力は、ミーティングなどの会話だけではなく、slackなどのチャットツールを用いた文面でのコミュニケーション力も問われます。リモートワークをすると自ずとチャットでのやり取りが増えるので、文章で完結に相手にわかりやすく伝えるコミュニケーション力が必要です。

プロジェクト管理ツールの熟練度(Jira、Asana等)

PMがフルリモートワークで仕事をするとなると、多くの関係者を管理したりプロジェクト全体の進捗状況に最新の注意を払う必要があります。そのためこれらを効率よく管理できるプロジェクト管理ツールを利用することは、多くの企業で必須となってきていると言えるでしょう。プロジェクト管理ツールの種類は企業によって異なると思いますが、ツールごとの細かい仕様は違ったとしても大枠の使い方は同じです。どれか1つに精通しておくことによって、例え転職先が前職と異なるツールを使っていてもすぐに使い方に慣れることができるはずです。

プロジェクト管理ツールASANA

技術的知識や開発のバックグラウンド、問題解決能力等のドメイン知識

フルリモートワークで働くPMに求められるものは他にも、技術的な知識が豊富なことや開発のバックグラウンドがあることが挙げられます。開発の経験がないPMでも問題ないという企業もありますが、フルリモートワークで高収入を狙っていくとなると、開発経験が無く現場からの要望を鵜呑みにしてしまうPMと比べると、開発経験がバックグラウンドにあり、適切な工数の見積もりや、金額の見積もりができるPMの方が有利になります。PMがフルリモートワークで仕事をする際には問題解決能力も求められます。プロジェクトの大小に関わらず、何か問題が発生していたり、予想していたことがうまく行かないといったことは往々にして起こります。そのような問題に備えておくことが前提ではありますが、それでも起きてしまう問題に都度対処していくことができる問題解決能力が求められます。

フルリモートワークをすることに限らないことですが、プロジェクトに関するドメイン知識が豊富なPMは企業からの需要が高まります。プロジェクト全体の最適を考えながら進めていくポジションであるPMは、開発の知識に特化しているだけではなく、ドメインの知識もあれば企業からとても喜ばれます。想定しているプロジェクトの知識について無知なPMよりも、業界に関して知識が豊富なPMの方がアサインしたくなるのは想像に難くないでしょう。

フルリモートワークでPMとして成功するためには、対面でのコミュニケーションと同等のスキルが求められます。特に、チャットツールを使った効果的なコミュニケーションや、プロジェクト管理ツールの活用、技術的知識の深さが重要です。さらに、問題解決能力やドメイン知識を備えることで、プロジェクトの成功率を高めることができます。これらのスキルを磨き続けることで、フルリモートワークでの働き方を選んでも高収入を得られるPMとしての地位を確立できます。

フルリモートワーク型と勤務型のPMの勤務条件の比較について

比較

フルリモートワークでPMとして働く求人を探している方は、フルリモートワークと勤務型を比べた時に、年収が異なるのではないかと気になるのではないでしょうか。特に高収入を目指す方は、勤務形態に拘るべきか否かを検討する際に年収の違いは特に気になると思います。そこで、年収の違いについてどのような違いがあるか解説していきます。

フルリモートワーク型と勤務型の年収の違いについて

厚生労働省の職業情報提供サイトjobtagによると、プロジェクトマネージャーの年収平均は「660.4万円」です。フリーランス(業務委託契約)であれば、業界最大手であるレバテックフリーランスのフリーランス案件の平均月単価は80万円で、年収に換算すると約960万円となります。サラリーマンの平均年収は約396万円と言われているので、比べても高収入な仕事と言えます。

フルリモートワークのPMの年収は、勤務型(出社)に比べて差は基本的にはありません。しかし、通勤時間や通勤費用、都市部から地方へ移った際には生活費の削減もできますので、フルリモートワークの方が総合的な出費の削減ができる可能性が高いです。初めてフルリモートワークをする方にとっては環境を整える初期費用はかかるかもしれませんが、長期的に見ればフルリモートワークの方が経済的に良いと言えるでしょう。

厚生労働省jogtag:プロジェクトマネージャーについて

年収だけでなく通勤時間や物価も考慮するとメリットが大きい

年収以外の部分では、通勤のストレスから解放されたり、通勤にかかっていた時間を業務の時間に充てることによりスキルアップに繋がったり、副業に充てることにより収入アップも見込めます。フルリモートワークの方が生活全体の質が向上することが多く、結果として収入以上のメリットが得られる場合が多いです。

フルリモートワークと勤務型の年収を比較する際には、単純な収入だけでなく、通勤時間や生活費の削減、ライフスタイルの自由度といった要素も含めて考えることが重要です。フルリモートワークワークは、経済的なメリットだけでなく、生活全体の質を向上させる可能性があります。これらの点を総合的に考慮して自分に最も適した働き方を選ぶことが、長期的なキャリア成功の鍵となります。

フルリモートワークPM職への転職に役立つ転職エージェントの活用

フルリモートワークのPM求人を見つけるためには自分で探すこともできますが、専門の転職エージェントを活用するのが最も効率的です。レバテックキャリアやギークリーといったIT・Web業界に強いエージェントを利用することで、理想の企業に出会いやすくなります。エージェントは企業とのコネクションを持ち、非公開求人も多く取り扱っています。またPM等のスキルの高いエンジニアほど就労条件の交渉が苦手な人が多い傾向にあり、エージェントに交渉を任せるといった戦略をおすすめします。

転職エージェントの利用方法とおすすめの転職エージェントについて

転職エージェントを利用する際には、以下のポイントを押さえることが重要です。

  1. 希望条件の明確化: まず、自分の希望条件を明確に伝えることが重要です。例えばフルリモートワークでの勤務を希望する場合、その旨をしっかりとエージェントに伝えましょう。具体的な条件(勤務時間、年収、企業文化など)も伝えることで、より自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。
  2. エージェントとのコミュニケーション: 定期的にエージェントとコミュニケーションを取りましょう。求人の進捗状況や、自分の市場価値についてのフィードバックを受けることで、より効果的な転職活動が可能になります。
  3. 面接対策と書類添削: エージェントは面接対策や履歴書、職務経歴書の添削も行ってくれます。これらのサービスを活用することで、自分の強みを効果的にアピールすることができます。
  4. フォローアップ: 面接後のフォローアップや、内定後の条件交渉などもエージェントがサポートしてくれます。これにより、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

ITエンジニアやクリエイターの特化した転職エージェントのレバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントです。特にPM向けのフルリモートワーク求人が豊富に揃っています。以下はレバテックキャリアの主な特徴です。

  1. 豊富な求人情報: レバテックキャリアは、企業との強固なネットワークを持ち、豊富な求人情報を提供しています。特にIT・Web業界に強く、フルリモートワークでの求人も多数取り扱っています。
  2. 非公開求人の紹介: レバテックキャリアは、一般には公開されていない非公開求人も多く扱っています。これにより、他の求職者と差別化しやすく、理想の企業に出会う確率が高まります。
  3. 専門的なサポート: レバテックキャリアのコンサルタントは、IT業界に精通しており、専門的な知識を持っています。求職者一人ひとりに対して、キャリアのアドバイスや、応募書類の添削、面接対策など、細やかなサポートを提供してくれます。
  4. 継続的なサポート: 転職後もフォローアップを行い、職場での適応をサポートします。これにより、転職後のトラブルを未然に防ぐことができます。

エンジニア特化型転職エージェントのレバテックキャリア

IT/WEB業界特化型のギークリー

ギークリー

ギークリーはIT・Web業界に特化した転職エージェントで、特にエンジニアやPM向けの求人に強みがあります。以下はギークリーの主な特徴です。

  1. リモートワーク求人の豊富さ: ギークリーは、フルリモートワークでの働き方を希望する求職者に対して、豊富なリモートワーク求人を提供しています。企業との強いコネクションにより、求職者に最適なリモート求人を紹介してくれます。
  2. 転職成功率の高さ: ギークリーは、転職成功率の高さを誇り、多くの求職者が理想の職場に転職しています。これには、専門的なサポートと、企業との緊密な連携が寄与しています。
  3. 面接対策とキャリアアドバイス: ギークリーは、求職者一人ひとりに対して、個別の面接対策やキャリアアドバイスを提供しています。これにより、求職者は自信を持って面接に臨むことができ、転職活動を成功に導くことができます。
  4. 専門的な知識と経験: ギークリーのコンサルタントは、IT・Web業界に精通しており、求職者のスキルや経験に基づいた適切なアドバイスを提供します。これにより、求職者は自身の市場価値を理解し、適切なキャリアプランを描くことができます。

フルリモートワークでの転職を希望するPMにとって、転職エージェントの活用は非常に有効な手段です。レバテックキャリアやギークリーといった専門エージェントを利用することで、豊富な求人情報や専門的なサポートを受けながら、理想の職場を見つけることができます。エージェントの力を借りて、効率的かつ効果的な転職活動を進めましょう。

IT/WEB業界特化型転職エージェントのギークリー

フルリモートワークPMを目指すならフリーランスになるのもひとつ

フルリモートワークで高収入を目指すPMにとっては、正社員転職だけではなく、フリーランスとして業務委託契約をすることも一つの選択肢です。フリーランスといえばハードルが高く感じますが、レバテックフリーランスなどのサービスを利用して自分に合った案件を見つけることができます。フリーランスとして働くことでプロジェクトごとに報酬を得ることができ、複数のクライアントと契約することで収入の安定性を確保できます。

フリーランス案件業界最大手のレバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、ITエンジニアやクリエイターに特化したフリーランスエージェントサービスです。豊富な案件数と高いマッチング精度を誇り、業界最大手として多くのフリーランスから支持されています。特にPM向けの案件も多く、フルリモートワークや高収入の案件が揃っているため、理想の働き方を実現するのに最適です。レバテックフリーランスの最大の特徴は、案件の豊富さと質の高さです。IT業界に特化しているため、エンジニアやPM向けの高収入案件が多数掲載されています。さらに、クライアントとの強固なネットワークを持っているため、一般には公開されていない非公開案件も多数取り扱っています。

また、レバテックフリーランスはサポート体制が充実しており、専任のコーディネーターが一人ひとりのスキルや希望に合わせた案件を提案してくれます。初めてフリーランスとして働く方でも安心して利用できるよう、契約交渉や報酬の支払い、トラブル対応まで幅広くサポートしてくれます。特に、案件開始後のフォローアップも手厚く、継続的なサポートを受けられる点が魅力です。

レバテックフリーランスを利用することで、プロジェクトマネジメントスキルを活かしつつフルリモートワークで働くことが可能になります。高収入案件を獲得し、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を実現するためにぜひ活用してみてください。

フルリモートワークPM案件がたくさんあるレバテックフリーランス

クラウドソーシングサービスで自ら案件を探すこともできる

PMでフルリモートワークで仕事をするためには、フリーランスで活動していく際にクラウドソーシングサービスへの登録も有効な手段です。クラウドソーシングサービスとは、企業がインターネット上で不特定多数の方に、業務を発注する業務形態のことです。仕事を受けたいフリーランスと、仕事を依頼したいクライアントをマッチングするサービスです。案件を見つけることから、納品、報酬の受け取りまでが全て完結できます。

おすすめはランサーズもしくはクラウドワークス

ランサーズ

ランサーズとクラウドワークスは、日本国内で最も利用されているクラウドソーシングサービスであり、フリーランスとして活動するPMにとっても非常に有用なプラットフォームです。これらのサービスを活用することで、フルリモートワークで高収入の仕事を探すだけでなく、さまざまなプロジェクトに挑戦する機会を得ることができます。

ランサーズは、幅広いジャンルの仕事を提供しており特にIT関連のプロジェクトが豊富です。プロジェクトベースの仕事からタスク形式の短期案件まで、フリーランスのニーズに応じた多様な仕事が揃っています。ランサーズの特徴は、プロジェクトの管理や納品までのプロセスが非常にスムーズであることです。ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、案件の進行状況を一目で把握でき、クライアントとのコミュニケーションも円滑に行えます。

クラウドワークスもまた、フリーランスにとって重要なプラットフォームです。クラウドワークスでは特にIT・Web関連の仕事が多く、PMとしてのスキルを活かせる案件が豊富にあります。プロジェクトの種類も多岐にわたり、短期から長期のものまで幅広く取り扱っています。クラウドワークスの強みは、豊富な案件数と高いマッチング精度です。特にプロジェクトマネージャーとしての経験を活かしたい場合、スキルや実績に応じた案件が見つけやすいのが特徴です。

両サービスともに、プロジェクトの検索機能が充実しており、自分のスキルや希望条件に合った案件を効率よく探すことができます。クライアントとの契約や報酬の支払いもプラットフォーム上で一元管理できるため、安心して仕事を進めることができます。ランサーズとクラウドワークスを活用することで、フルリモートワークのPMとしてのキャリアを築きながら、安定した収入を得ることができます。これらのプラットフォームを上手に利用し、自分のスキルを最大限に発揮できるプロジェクトに参加しましょう。

フルリモートワークでの高収入を目指すPMにとって、フリーランス契約は非常に有効な選択肢です。レバテックフリーランス、ランサーズ、クラウドワークスといったプラットフォームを活用することで、豊富な案件の中から自分に合った仕事を見つけることができます。特に、これらのプラットフォームはサポート体制が充実しており、契約交渉や報酬管理、トラブル対応などの面で安心して利用できます。フリーランスとしての成功は、自己管理能力やコミュニケーションスキルを高めることにも繋がります。これらのプラットフォームを上手に活用し、自分のスキルを磨き続けることで、フルリモートワークのPMとして高収入を実現し、安定したキャリアを築くことができるでしょう。

日本最大級のクラウドソーシングサイトのクラウドワークス

大手企業案件もたくさんあるランサーズ

フルリモートワークのPMとして採用される際の注意点とリスクについて

リスク

フルリモートワークのPMとして採用される際には、いくつかの注意点とリスクがあります。フルリモートワークの経験がある方は問題ないかもしれませんが、初めてフルリモートワークを経験する方にとっては事前に知っておくと良いことを挙げていきます。特に高収入で転職が成功した後に、フルリモートワークが原因でパフォーマンスが著しく低下してしまっては問題ですので、事前に知っておきましょう。

コミュニケーションの質の担保とセルフマネジメントができるかどうかが肝

PMとして働いた経験はあるけど、初めてフルリモートワークを経験するという方は特に、コミュニケーションの質を保つための工夫が必要です。対面ではうまくいっていたけど、フルリモートワークではできないとなると、コミュニケーションが特に大事なPMにとって致命的です。オンラインミーティングをするときは画面をオンにして相手の表情を確認するようにしたり、朝会や夕会を設けたり、仕事以外の雑談ができる時間を儲けるなどしてコミュニケーションをうまく取れるようにすることが大事です。また指示を出すのが基本的に全て文面になるので文面を柔らかくする工夫なども必要となってきます。

次に注意が必要なのは、セルフマネジメントを徹底することです。出社していると職場の上司や同僚など、多くの人に見られているため問題ありませんが、フルリモートワークであれば特に誰の目を気にすることもなく仕事ができるため、自分一人の環境でも業務を遂行することが求められます。セルフマネジメントができなければ、タスクが遅延していてもフルリモートワークワークをしていると周りの人に気付かれずに、納期に間に合わないといった事象が多発してしまう恐れがあります。

孤独感やモチベーションの低下を防ぐための工夫も必要

次にフルリモートワークでPMとして採用される際の注意点は、孤独感やモチベーションが低下しやすく可能性があるため、工夫が必要であるということです。特に初めてフルリモートワークを経験する方に多く、最初の1ヶ月ほどは問題なくても徐々に孤独感を感じることがあります。孤独感をに気を取られてしまいモチベーションの低下に繋がるなんてこともあります。工夫としては、人とコミュニケーションを取る時間を意識的に設けたり、家に引きこもらずに日光を浴びることも大事です。このように工夫してフルリモートワークでも心身健康に働き、高収入に見合う働きを維持できるようにしましょう。

これらのことを意識して、PMとしてフルリモートワークで働ける機会を得た後も出社時と変わらぬパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。企業はフルリモートワークでも問題なく働いてもらえるという前提のもと、フルリモートワークを許可してくれるはずですので、万が一パフォーマンスが著しく低下してしまうと、やはり出社をしてほしいと言われるリスクにも繋がります。PMでフルリモートワークで働き続けたい場合は、注意して働きましょう。

再春館製薬所:日光浴の驚くべきメリットについて

フリーランスエンジニアとしてフルリモートワーク案件を受ける時の注意点とリスクについて

フリーランスリスク

PMが正社員転職ではなく、フリーランスとして高収入なフルリモートワーク案件を受けられるのは理想的なことですが、いくつかのリスクや注意点があります。正社員で働いていた時には意識していなかったことも、契約形態が異なるフリーランスでは注意すべきことがあるのでよく知っておきましょう。

契約条件の確認(報酬、納期、仕事内容、本当にフルリモートワークなのか等)

フリーランスとして案件を受ける際には、契約書の内容や契約条件を隅から隅まで読んで、納得ができる内容か確認して検討する必要があります。初めてフリーランスで案件を受ける方は特に、正社員のように会社が守ってくれず、あくまで個人と企業間での契約であることを認識しておくべきです。自分以外で契約内容を確認したり決められる人はいません。

よくトラブルとして起こりやすいのが、実際に参画してみると聞いていた内容と異なるということです。思っていた仕事内容とは異なったり、追加で他の仕事を任せられたり、フルリモートワークと言いつつ、月に何回かの出社を求められたり、契約時にすり合わせが不十分であれば思いもよらない事態になることがあります。しかし、契約時にどのようなポイントを押さえたらいいか初めてだとわからなかったり、心配な方も多いと思います。このような契約条件のすり合わせはエージェントを介することによってスムーズに進められることができます。初めての業務委託契約が不安な方は、エージェントとまずはすり合わせを行い、エージェントが齟齬なくすり合わせてくれるのをおすすめします。

クライアントとのコミュニケーションが思っているよりも大変

次にフリーランスとしてPMの業務を行う際に気をつけたいことは、クライアントのコミュニケーションです。これまで勤めていた企業や、フリーランスの契約をしていた企業とのルールが、新しく契約するクライアントと全く同じということは珍しいです。PMは特にコミュニケーションの質が求められるポジションのため、円滑にプロジェクトを進められるようにクライアントと密にコミュニケーションを取り、まずは早く馴染めるように心がけましょう。

最後にフリーランスとしてPMの案件を受ける時に気をつけたいことは、契約が切られてしまうリスクがあることです。正社員での転職と比べたときの最大のリスクであると言えます。例え企業と契約が結べそうになったとしても、フルリモートワークでPMとして参画してもらう予定だったプロジェクト自体が頓挫して無くなってしまい、契約が白紙になるなんてこともあり得ます。このような事態には備えようがない場合もありますが、エージェントを介することによってエージェントが企業と最新の注意を払って契約を進めてくれたり、契約打ち切りになりそうな場合でも、諸々の交渉を代わりに行ってくれたりします。契約周りを企業とエージェントで基本的に全てやってくれるため、案件に集中ができる上、万が一契約が終了となってもエージェントがなるべく前もって契約終了を知らせてくれたり、次の案件探しにも迅速に対応してくれます。

正社員での転職に比べて、フリーランス契約の方が契約の打ち切りなど、リスクが大きくなることは避けられません。しかし、契約における大切なポイントを明確にして最新の注意を払って慎重に契約したり、契約周りはプロであるエージェントに任せることによって、リスクをなるべく小さくすることができます。初めてのフリーランス契約でわからないことが多い方は、エージェントに相談してみるのもいいかもしれませんね。

フルリモートワークPMとして年収を上げるコツについて

年収あげるコツ

フルリモートワークのPMとして年収を上げていくためには、参画したプロジェクトを成功に導くことはもちろん、業務以外でも継続的に努力をする必要があります。特に以下のことを実践することで年収を上げていくことができます。

国際資格や国家資格、協会が提供する資格試験を受ける

PMPは、プロジェクトマネジメントに関する専門的な知識とスキルを持つことを証明する国際資格です。この資格は米国に本部を置くプロジェクトマネジメント協会(PMI)が提供しており、世界中で高い評価を受けています。PMP資格はプロジェクトマネジメントのフレームワークであるPMBOK(Project Management Body of Knowledge)に基づいており、ITや建設など幅広い分野で適用可能です。受験資格にはプロジェクトマネジメントに関する実務経験と、特定の教育を受けた証明が求められます。

PMP日本支部公式サイト

プロジェクトマネージャ試験は、日本の情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格です。この試験は情報処理技術者試験の一部であり、特にプロジェクトマネジメントの能力を証明するために設計されています。プロジェクト計画の立案から実行、管理、完了までの広範な知識が問われ、非常に難易度の高い試験とされています。合格することで、システム開発プロジェクトにおけるリーダーシップを発揮するためのスキルが認められます。

情報処理推進機構の公式HP

P2Mは日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)が提供するプロジェクトマネジメント資格です。この資格はプロジェクトマネジメントだけでなく、プログラムマネジメントやイノベーションマネジメントのスキルも重視しています。P2Mでは理論的な知識だけでなく、実践的なスキルやマネジメントの基本姿勢も評価されます。思考力や行動力、体系的な知識をバランスよく兼ね備えたプロジェクトマネジャーの育成を目指しています。

P2Mとは何か?PMAJ公式WEBサイト

技術的な知識の習得や最新情報のチェックやアウトプット

フルリモートワークで働くPMとして年収を上げていくためには技術的な知識の習得が必要です。PMという立場上、現場で開発を行うエンジニアと比べると業務で技術に触れる機会は減ってしまうかもしれませんが、時間を見つけて自分でも何かを開発してみたり、技術的な知識を取り入れ続けることが重要です。継続的な技術の習得は常に新しい技術にアンテナを張っている現場とのコミュニケーションもスムーズに取れて、希少価値の高いPMになることができます。

業界の最新動向のキャッチアップ

フルリモートワークで働くPMとして年収を上げていくためには業界の最新動向のキャッチアップもマストです。技術は毎日と言っていいほど進歩したり新しい技術が登場しています。この状況でPMとして最終的な意思決定をするときに、古い知識ばかりでは最適な意思決定ができなくなってきます。新しい技術を使うことだけが正解ではありませんが、数年前の技術に固執しているようなPMでは、プロジェクトにとって最適な決断をしてくれるのかどうか疑問が残ってしまい、価値が下がり年収アップは難しくなります。技術は生き物なので、常に最新動向をキャッチアップし続けて年収アップを目指しましょう。

情報発信と人脈作り

フルリモートワークで働くPMとして年収を上げていくためには、情報発信と人脈作りもしていくとよいでしょう。情報発信を続けていると、SNSでの採用活動も増えてきている現在では企業の目にとまり、高収入な転職の声がかかるということも十分に考えられます。また、転職をするとなった時に履歴書などを作る際にも自分が何をしてきたかを、比較的簡単に振り返ることもできます。情報発信をし続けることにより人脈が広がっていき知り合いが増えていき企業だけではなく個人から仕事を受けられる可能性も広がります。

SNSの活用

PMでフルリモートワークができる企業へ転職することを考える上で、SNSを活用することは自分のスキルや実績をアピールするために大事です。特にTwitterは、SNSの中でもエンジニアが情報収集や業界の最新情報をキャッチアップするために使うツールの一つです。また、企業も採用活動の一環として利用することも多く、発信力のあるエンジニアには直接声がかかることもあります。アウトプットが大事と言われている職種で、Twitterをアウトプットの場として活用するだけで、スキルがあると思われればPMでもフルリモートワークでぜひ、という高収入な仕事の話が転がってくるチャンスを広げることができます。

以上のことを実践することで、PMかつフルリモートワークでキャリアアップできて年収を上げていけることでしょう。業務に時間を取られて蔑ろになってしまいそうなことが多いですが、他の人ができていないことをしていくことにより差が生まれて高収入を狙うことができます。

フルリモートワークPMへの転職方法まとめ

PMとしてフルリモートワークで高収入を得るためには、この記事で紹介したスキルセットを身につけ、戦略的に転職活動を行うことが鍵です。レバテックキャリアやギークリーといった転職エージェントを利用することで、専門的なサポートと豊富な求人情報を得ることができ、効率的な転職活動が可能です。また、ランサーズやクラウドワークスを通じてフリーランスとして働くことで、柔軟な働き方と安定した収入を実現することができます。これらのツールを最大限に活用し、自分のキャリアをさらに高めていきましょう。