高校生の就活への不安「自分に合った会社が見つかるか」60%、「面接」59%、企業の誰に話が聞きたいか「年の近い先輩社員」68%

  • HOME
  • ニュース
  • 高校生の就活への不安「自分に合った会社が見つかるか」60%、「面接」59%、企業の誰に話が聞きたいか「年の近い先輩社員」68%

高校生の就職支援と採用支援を行う株式会社ジンジブでは、7月26日に東京、31日に大阪にて、就職を考える高校生向けにそれぞれ100社の企業を集めた合同企業説明会「ジョブドラフトFes」を開催し、会場に集まった高校生(参加者846人)に対して就職に関するアンケート調査(回答者数634名)を実施いたしました。

調査結果サマリー
● 就職を決めた理由の第1位は、「自立して稼げるようになりたい」46%。
● 就職活動に関しての不安は、「自分にあった会社が見つかるか」60%、「面接」59%。
● 合同企業説明会に参加して、就職活動に前向きになったと答えた人は57%。
● 高校生が企業見学で話を聞きたい人の第1位は「年の近い先輩社員」68%。

調査背景
高校新卒の採用市場は、過去6年で求人件数が約2倍の約44万件に急増している、注目が集まる採用マーケットです。高卒就職者は大卒就職者の半分、毎年約18万人が就職しており、内定率の高さ(2019年3月卒99.4%)では問題のないようですが、18歳人口の減少、新時代に対応した高等学校におけるキャリア教育等の教育改革、また就職後の1年目の早期離職が大卒と比較して高い(大卒の11.9%と比較し、18.2%)など課題は残されており、長年続く就職活動の慣習見直しの必要性が提言されています。
そこで、高校生の就職支援を行う当社では、4月の意識調査アンケートに引き続き、高校生の就職活動の実態を把握すべく、7月当社主催の合同企業説明会に参加した高校生に向けてアンケートを実施いたしました。

調査概要

【調査期間】 2019年7月26日(金)・7月31日(水)
【調査内容】 ジョブドラフトFesアンケート
【調査対象】 ジョブドラフトFes(東京・大阪)来場の就職を希望する高校生
※一部既卒生含む ※属性詳細は【末尾】に記載
【回答方法】 紙での回収
【回答者数】 N=634名

<主な調査結果>

1.就職活動に関して何か不安はありますか?(複数選択可)(n=494、有効回答数:972)

就職活動に関しての不安を聞いたところ、第1位が「自分にあった会社が見つかるか」59.9%、2位が「面接対策」58.7%でした。

2.就職を決めた理由を教えてください。(複数回答可)(n=608、有効回答数:811)

就職を決めた理由について質問をしたところ、第1位が「自立して稼げるようになりたい」(45.6%)、第2位が「経済的な理由」(28.8%)、第3位が「大学・短大・専門学校でやりたいことや行く目的が見つからない」(27.6%)、第4位が「高校を卒業してから勉強したくない」(21.1%)でした。その他の回答には、「バイトをしていて働くのが好きだと思ったから」「就職するか定かではないが選択肢のひとつ」「自分の夢のためにお金が必要」「目標に早く近づきたい」などがありました。

3.就職先を探し始めた時期はいつですか?(n=388)

就職先を探し始めた時期を質問したところ、第1位は「3年生7月」(31.2%)、第2位は「3年生4月」(18.8%)、続けて「3年生6月」(12.6%)、「3年生5月」(11.3%)でした。企業探しが短期間に集中していること、3年生4月~6月の回答が42.7%と、求人票開示前から企業探しを行う高校生も多数いることが分かります。

4.合同企業説明会に参加して、就職活動に前向きになった・楽しくなりましたか? (有効回答数:499)

「ジョブドラフトFes」に参加して実際に就職活動に前向きになったか質問したところ、「そう思う」26.5%、「どちらかと言えばそう思う」30.7%を含めて57.2%が、「前向き・楽しくなった」と回答しました。

5.合同企業説明会に参加して、見学や応募したい企業が見つかった理由は何ですか?(複数回答可)(n=434、有効回答数:817)

「ジョブドラフトFes」に参加して見学や応募したい企業が見つかったと回答した人へ理由を質問したところ、第1位が「会社の雰囲気が良さそう」66.6%、第2位が「仕事内容に興味がある」48.2%、続けて「担当の方の話が面白かった」36.9%、「条件面(給与・休日数・福利厚生など)」30.6%と回答しました。

6.職場見学で見たい・知りたいポイントはどこですか?(複数選択可)(n=500、有効回答数:1274)

「ジョブドラフトFes」に参加して見学や応募したい企業が見つかったと回答した人へ、「職場見学で見たい・知りたいポイント」を質問したところ、第1位が「会社の雰囲気」81.0%、第2位が「仕事内容」78.2%、続けて「条件面(給与・休日数・福利厚生など)」48.6%、「先輩の声」46.4%と回答しました。

7.企業の誰から話を聞きたいですか?(複数選択可)(n=449、有効回答数:885)

企業の誰から話を聞きたいか質問をしたところ、第1位が「年の近い先輩社員」68.3%、第2位が「採用担当者」60.9%、続けて「ベテラン社員」25.1%、「社長」22.4%でした。

<アンケート調査結果を受けて>

高校生が就職活動に対して不安に思う点は、「自分にあった会社が見つかるか」60%、「面接」59%でしたが、合同企業説明会を通して企業の話を聞くことで、57%の高校生が就職活動に前向きになったと回答しました。また、見学したい企業が見つかった理由や、職場見学で知りたいポイントの上位は「会社の雰囲気」や「仕事内容」でした。企業で最も話を聞きたい人は「年の近い先輩社員」でした。これらのことから、求人票などの求人条件だけで企業選択をするのでは就職活動に対しての不安を取り除く情報として足りず、視覚的体験的に会社の雰囲気を知る機会、直接話を聞く機会や、先輩社員の声を聞く機会で、高校生の自主的な職業選択につながると分かります。その他、求人票開示前から就職先探しをする生徒(3年生4月~6月で43%)も多いことが分かりました。

当社では、高校生・企業双方にとって満足できる情報発信を可能にするため、就職情報メディアやイベント運営などのサービスの向上をさせると共に、現行の就職活動の在り方についても双方にとってメリットが生まれるよう、より良い就職活動環境を創るための、高校生の就職活動にまつわる意識調査や行動調査を行ってまいります。

<回答者属性>

性  別:男性47.9% 女性45%
お住まい:東京都25.4% 大阪府19.7% 兵庫県15.8% 神奈川県13.2% 千葉県11.7% 埼玉県9.9% その他4.3%
課  程:全日制44.3% 定時制10.6% 通信制42.6% その他0.2%
学  科:普通76% 商業5.2% 工業4.7% その他10.9%
卒業年度:2020年卒89.6% 2019年卒3.2% 2021年卒4.4%